多田文昌 日々 文人生活

「写真家 藤井秀樹」

生涯先生と呼ぶのは二人と決めている 一人は 右翼の重鎮 I先生 I氏は父親のような存在
もう一人は 3回しか助手をしたことがないのに弟子と名乗って良いと許可された写真家 藤井秀樹
藤井先生と仕事をした20年間は楽しかった
藤井秀樹の凄さは ぼくが酷い目に合わせても翌日「多田ちゃん」と電話がかかってくること
自宅から10分東京駅 駅前の丸善で友達が個展
自分にしか興味がないぼくが 他人の個展に行ったのは 時が重なっている人だから



IMG_4036-19.jpg


IMG_4029-19.jpg
  1. 2019/03/14(木) 20:46:54|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハイネケン | ホーム | 寒桜>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tadafumiaki.blog.fc2.com/tb.php/1101-51ec95d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)